仙台市の保育士求人について

全国各地で保育士の数が足りておらず仙台市にも同じことが起こっています。その背景から堀り起こしていきますと介護や看護と同じようにまず保育士の労働環境にあります。せっかく苦労されて国家資格でもある保育士免許を取得したのに賃金の低さ、時間外労働の多さ等から離職される方が多くまた女性が多く勤務されている職場環境ですので結婚、育児、出産と第一線から退いて休暇を余儀なくされブランクの末復帰しようと考えて見た時に違う職種を選んでみたりとさらに保育士不足が深刻化するという事態に陥ってしまいます。

一方で保護者の視点から見ると子供を預けて働きたいけど空きがなく保育所の数も足りずにやむを得ず郊外の無認可託児所に預かってもらっている方や預かってくれる所さえも見つからない所謂待機児童の問題もあります。一番理想なのは近くの認可保育園で小学校入学時までは預かってもらうことですが現実は厳しく、先述したような自宅から遠く離れた無認可の託児所に預かってもらうしかないという現状があります。保護者の方からしましたら保育士資格を持った施設に預けたいという気持ちは誰も同じですが、無認可の場合ですと無資格の保育補助という形での素人のパートやアルバイトの方に預けるという事に抵抗があるのも当然理解できます。まさに今日本はこの悪循環の中にあり国や自治体は対策を取り始めていますが追いついていないのが現状です。

勤務形態にもよりますが仙台市の保育士求人は多くあり正社員、派遣型、保育助手やパート、アルバイトの募集が多くあります。ただ賃金でみますとどうしても低い傾向にあり正社員でも15万~20万と他の職種の平均給与と比較してみても俄然低く年代が上がるごとに開きはますます大きくなります。仙台市内でもこれだけ多くの求人がありますが、地方に行けば保育所の数も当然少なくなりますし希望に見合った労働環境での勤務できる施設も相当探し辛くなってきます。

ただこんな厳しい環境でも子供達の元気で明るい笑顔が大好きでお仕事されている保育士の方もたくさんいらっしゃいます。被災からの復興もまだまだですがこれからの日本の将来を担う子供達のためにも早急な労働環境改善が求められます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする