健康になったのかは定かでない健康促進イベント

夏が終わると、どんどんとオファーがやってくる健康促進イベント。

自治会運動会、市民体育祭、ファミリー運動会、グランウンドゴルフ大会、ソフトバレーボール大会、マラソン大会、ウォーキング大会。

それ以外にも誘われないイベントは山ほどあります。

とにかく地域住民の健康意識を高めようと計画され、また補助金を出しているらしいです。

でも、より多くの人に出番を与える為に、ひとりひとりの出番はほんの僅か。

それでも参加賞や商品をもらえたりしちゃいます。

お弁当、飲みもの、サランラップやゴミ袋などの生活必需品、地域の名産品。

中にはご丁寧に抽選券を配り、最後のメインイベントとして抽選を行う場合もあるのです。

1等賞にはお米やら、日帰り温泉の1年無料券やらが出るので結構な人気。

我が家も総動員で参加しています。

でも、これらのイベントのために走り込みをしたり、ムカデ競争の練習をしたりする人っていないと思うんです。

限られたタイミングだけに参加するスポーツイベントですから。

でも、やらないよりはいいのでしょうか。

我が家のおばあちゃんは毎回、応援に参加してはご近所の長老たちと楽しそう。

まあ、外に出掛けて楽しみな時間を設けるという意味では大成功なのでしょう。

でも、ここだけの話し。

週末に予定が立てられないのって、ちょっとキビシイかも・・・。

ネイバーまとめが気になる→http://matome.naver.jp/odai/2144524864675186801

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする