サラダのハムには薄さが重要だと痛感

昨日の夕食は母が作ってくれた、ほうれん草や白菜をゆでたものとハム、そしてマヨネーズと味噌、ピーナツ和えの素を和えたものです。

ソースだけを見るとこってりしていそうなのですが、野菜がたっぷりだったのでさっぱりしていて美味しかったです。

ただ、そこで使われていたハムなのですが、お歳暮でもらったブロック大のしっかりしたものだったので、それが食べ応えありすぎてサラダを楽しむのには邪魔でした。

こういう料理だと安っぽいぺらぺらのハムの方が合うと思います。

あと父が作ってくれた鶏肉の煮込みがありました。

骨付き肉だったのですが、薄味ながら美味しくてなりません。

3本までと言われていたのですが、即効でその分を食べました。

他には正月の松前漬けがありましたが、妹がもう悪くなりかけていると言います。

どんなものかなと食べてみると、たしかに変な酸味があり、たしかにこれはもう食べられないなと思いました。

その内何か料理してみようかと思っていただけに残念です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする