主婦の再就職について思う事

最近私(40代主婦)の周りで再就職する方が増えている。結婚や出産を期に会社勤めを辞めて10~15年ぶりに勤めに出る方、または子どもの成長に伴いもう少し長い時間働けるようにと新たな職場を探した方、あるいは年老いて弱くなった父母の事が気になり実家に行く時間が欲しくて週3日や午後早めに終われる仕事を探した方、珍しいところでは予定外に第三子に恵まれ慣れた職場を離れ保育園に近い職場に変えた方など・・・。

皆が口を揃えて言うのは職場の理不尽さ。長く居るパート職が威張り散らし小間使いにする、言い方が荒い、教え方が下手、妊婦なのにタバコを吸う隣席者、陰湿な職場体質、社長の社員へのえこひいきやいじめ・・・。これまで育児で気をつけてきたことと正反対の世界なのである。

様々な理不尽の話題に事欠かない。気の知れたママ友とちょっとした愚痴を言い合いながらお茶をして、またいつもの生活に戻る。仕事はいくらでも頑張りたいが職場の人的環境が虚しい。ずっと働き続けていればこんな扱いを受けずに済んだかなと後ろを振り返ったりもする。

一つだけ良かったと思える事といえばあの嫌な人たちが我が子でない事だ。一生懸命育ててあんな風に仕上がったら恥ずかしすぎる。主婦であり母である私たちは端から見れば一見のんきそうに見えるかもしれないが、理不尽に屈せず怒りをあらわにせず日々耐えゆるやかに生きているのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする