久しぶりに読書をしよう

久々に、本屋に行って本を買って、読書をしよう。そう思って、本屋に立ち寄ることにした。

活字を見ていないから、久しぶりに本を読もうというわけではない。電車の中でスマホを見たり、仕事でもパソコンを使うから、むしろ休日やオフのときは、活字なんか見たくない。

いやだからこそ、最近、本を読んでいなかったのだと思う。

本屋さんに入る。久々に味わう紙のにおい。さて、どんな本を買おうか。

最新刊のおもしろいと評判の高い本があった。ポップで彩られている。その売り文句に、少し魅かれるが、久々に読むにはちょっと分厚すぎて、気後れがする。そもそもこれだけの厚い小説を読む時間あるのか、なんて考えたりもする。

本屋の中をぐるぐる廻った。あれでなしこれでなし。なかなか「手頃」なのがない。

そのとき、ふと目に留まったのは、あるエッセイストのエッセー集。薄い文庫本で、一つひとつの話しは短い、一話完結型だから、ぼちぼち読むにはちょうどよさそうだ。

ということで、それを買って帰ることにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする