債務整理の際に司法書士と弁護士のどちらが良いのか?

債務整理をしたい場合に私たちができる2つの選択があります。それは弁護士にお願いするか、司法書士にお願いするかということです。どちらも口コミや評判が良いと選ぶのが難しくなります。では、司法書士と弁護士のどちらかを選ぶ上でどのようなポイントを考えるべきなのでしょうか。

まず、債務整理について少し考えてみましょう。債務整理とはどのようなものでしょうか。簡単に言うと、今ある借金を完済するために整理するということです。そうすることで、安心して日常生活を送ることができます。しかし、そのために講じることができる手段にはいくつかの方法があります。例えば、借金の元本を交渉して減らしたり、自己破産の手続きを進めてくれたり、過払い金の交渉をしてくれるなどです。さて、いくつかの方法がある中で大切なのは確実にこうした項目を実行してくれることではないでしょうか。

この点で弁護士の中にも司法書士の中にももちろん実行力がある人とない人がいます。それで、まず最初に考えるポイントはその人に経験があるかどうかということです。債務整理の場合には実行力の元となっているのは経験です。それは実績とも言えます。この手の案件をどれだけ多くこなしてきたのかということが重要です。

また、ほかに考えたい点は弁護士と司法書士にはできることが違うということです。法律的に与えられている権限に違いがあるからです。それで自分が希望している方法を行う際に弁護士のほうが良いのか、司法書士が良いのかをその点に基づいて判断する必要があります。

では、どうすれば実績のある弁護士や司法書士を探すことができるのでしょうか。簡単な方法はサイトです。今はほとんどの弁護士事務所がホームページを開いています。そこには実績数も公開していますので、そうしたものを頼りにして探すことができます。また、どれだけ事務所を開いているか、つまり年数もカギとなります。長ければないほど信頼され、実績があるという証拠です。最後に注目できるのはCMです。CMしているということはある程度大きな事務所ですし、実績が必要となりますので、信頼することができます。

それで、幾つかの方法を挙げましたがぜひこうした観点で良い債務整理をする弁護士の評判で選んでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする