フコイダンは免疫力を高めて病気を防ぎ、その保水力で肌トラブルを無くします

フコイダンとは、海藻類のネバネバの中に含まれる多糖類のことです。

元々は海藻類が自分の身体が傷ついたのを修復したり、引き潮の時に身体が乾燥しない為の成分でした。

◆フコイダンは特にもずくに最も多く含まれています。

フコイダンの含有量(乾燥時1kg当たり)

もずく・・・・・・250g

わかめ・・・・・・15g

わかめめかぶ・・・80g

真こんぶ・・・・・15g

◆フコイダンの効能

1.免疫力・抗酸化作用の向上

フコイダンには人間の自然治癒力を向上させ、体質改善に役立ちます。

人間の免疫力はリンパ球が遺物に対する抗体を作り、全身にその情報を伝えますが、フコイダンはこの抗体を作る細胞を刺激し、免疫システムが正常に働くように助ける働きをします。

抗酸化作用も高いので、インフルエンザに罹りにくくなったり、ニキビ、口内炎、肌の乾燥等から私達の身体を守ってくれるのです。

2.腫瘍細胞の成長を抑える

フコイダンには腫瘍が出来た時、それが異常な成長を続けないように制御する作用があります。

その為、近年では医療現場で癌の治療にフコイダンが用いられています。

3.ピロリ菌を減らす

フコイダンは体内の粘膜を保護する働きをします。

フコイダンの中の硫酸基が胃の粘膜を刺激してその活動を活発にすると共に、胃潰瘍や胃癌の原因とされるピロリ菌を減少してくれます。

4.保水力で肌もしっとり

引き潮の時に海藻が乾燥しないように守るのもフコイダンの大切な役目です。

乾燥しない、つまりその強い保水力で海藻が干上がって死んでしまわないように水分を蓄えているのです。

もずくを洗う人達が滑らかな手をしていることからもわかるように、もずくの保水力はとても高いものです。

肌のバリア機能が潤いで守られれば、アレルギー物質も侵入せずアトピー等のトラブルから肌を守ってくれます。

フコイダンを摂ることに依って、たっぷり潤いのある、又紫外線の影響からも守られた美しい肌になることも出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする