接客マナーはお客様の身になって

接客マナーは、お客様の身になって考えると良いと思います。

どのようにされたら心地良いかまた不満はないかを知れば対応できるからです、言葉使いでも丁寧に話したとしても笑顔がなければ冷たい感じも出て不快な思いもされることでしょう。

このようにお客様自身の目線に立って見ると自ずとわかると思います、やはり基本は低い腰で接客が大切なモノだと思います。

またお客様によっては過剰なまでのマナーを求めることも出てきますが決して言いなりなるようなことは良い方法でありません。

いわゆるクレーマーのタイプがいるからです、お店に利益をもたらすものではなく不利益をもたらすものでありますのでもしマナーで困ったことが出てきた場合はやはり上司へと相談するが適切な行動だと思います。

良きにしろ悪いにしろお客様が満足されてまた来店されるようなマナーこそ良いものではないでしょうか、またお客様が来店されて覚えて置かれるそのような人こそ良いものではないでしょうか。

お客様も喜び、ご自身も嬉しいそのような共によい印象が残れるものは大変な良きマナーでしょう。

身だしなみも大切です。特に接客マナー 頭髪には気をつけるようにしましょう。

またいくら形だけでも良くありません、やはり心のこもったマナーこそ大切なモノだと思いますし目的があって来られてお客様ですので親切丁寧にお相手することが良いことでしょう。

はじめはなれないかもしれませんが多くの人を相手にしていればそのうち慣れてきますしまたどのようなタイプの人なのかも分かってくるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする