中学生の娘の部活動

中学1年生の娘は陸上部に所属しています。小学校低学年の頃は、まさか運動部に入るとは思ってもいませんでした。

娘が陸上部に入るきっかけになったのは、小学校6年生時の駅伝大会の選手に選ばれた事が大きく影響しています。

駅伝課外がスタートした時点では選手コース15名中、下位争いだったため補欠はおろか本番を走れる8名に選ばれるとは思ってもいませんでしたが、

課外開始の1ヶ月後には10番手くらいまでにタイムが上がり補欠には選ばれそうに成りました。

娘も本番で走れるとは思ってもいませでしたが、日々の頑張りの中で徐々に結果がでてタイムが上がると「補欠ではなく走りたい!!」と口にするようになり毎日、「今日は遅かったから無理だ」とか「今日は早く走れたか選ばれるかも」と一喜一憂した結果、8番目の選手として駅伝を走りました。この経験は娘にとって小学校での1番の思い出となり中学校でも「陸上部に入る」と決心するきっかけになったのです。

陸上部は他の部活に比べ大会が多く定期テスト期間中にも大会があり勉強と部活の両立が難しい中、日々頑張っている娘。

「がんばれ!!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする