知っておくべき自己破産のメリットとデメリット

全ての債務の免責を受けられるのが自己破産です。

キャッシングなどで借りた現金はもちろん、ローン契約を結んでいる場合もその契約は全て破棄されるので、支払いを続けていく必要が無くなります。

この自己破産は、基本的に弁護士、もしくは司法書士に依頼をして裁判所にその申請を行いますが、実質的に弁護士でないと受け付けていない裁判所が存在することや、司法書士の場合は代理人にはなれない為、本人が行わなくていけない手間が多くなることから、出来れば弁護士に依頼をした方がいいでしょう。

申請を行う前に、20万円を超える価値があると認められる私財を所持している場合は、それらは全て処分し、返済に回す必要があります。これには自宅や車なども含まれ、まだローン契約中の場合は引き上げられてしまうこともあります。

現金も同様で、20万円を超える分の預金は同様に返済に回す必要があります。全ての債務の免責を受ける為には、その前に出来得る限りの返済行為を行わなくてはならないということです。

自己破産が認められるまでには、裁判所への申請から半年から1年くらいの期間が掛かります。この間には一切の催促や取立て行為を行われることはありませんが、この期間中に限り、就いてはいけない職業があります。主に法律関係の仕事ですが、そのような仕事をしている場合は免責が決定するまでは一時的に休職や退職をする必要があります。

そして、免責が決定すると、そのことが官報に記載されます。官報は誰でも閲覧が可能な政府の発行する新聞のようなものですが、ここに名前と住所が載ってしまいます。同時に、以降最低でも5年間は新たな現金の借入れ行為やローン契約を結ぶことが出来なくなります。

これは、審査の際に参照される信用情報に自己破産を行ったということが記録される為で、何も自己破産だけに限らず、任意整理や個人再生といった債務整理を行った場合も同様です。

このようにデメリット面も多くありますが、全ての債務の免責が受けられるのは、債務整理の中でもこの自己破産だけです。そして、収入が全く無い状態でも行うことが出来るという点が挙げられます。

任意整理や個人再生は、収入が無い場合は行うことが出来ません。それは、返済するべき借金が少なからず残る債務整理の方法になる為です。この自己破産では、それが一切残りません。一切の債務から解放されて、人生をやり直す機会になると言えます。

ですが、これを行うに当たって、1つだけ注意しなくてはいけない点があります。それは、免責を受けられるのはあくまで申請を行った本人だけであり、自己破産の保証人が付いている債務があった場合、その保証人まで免責される訳ではないということです。

そのような債務は、本人が自己破産してしまうと、保証人の方に請求が行われます。保証人に迷惑を掛けない為に、これに当たる債務が含まれている場合には、必ず事前に相談を行った方がいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする