コーヒーを飲んだ後の口臭について

コーヒーをたくさん飲む人の口臭が気になったことはないでしょうか。コーヒーを飲んだあとに話しかけられて、独特なニオイに気付いた人は多くいらっしゃると思います。実際にコーヒーは口臭の原因になっているのです。

そこでコーヒーを飲んだとき、またはそれ以外でも簡単にできる口臭対策をご紹介しようと思います。

まずは、コーヒーを飲むときは水も飲むようにするということです。コーヒーによる口臭の原因は、コーヒーに含まれる微粒子が口内や舌に残ったりすることや、カフェインによる唾液の減少になります。水を普段より多めに飲むことにより、微粒子が流され、水分補給により唾液の分泌を促すことができます。

そして、コーヒーを飲んだあとに歯磨きをするという方法もあります。口内の微粒子や細菌を除去することができ、口臭を抑える効果があります。同様の方法として舌ブラシを使うのも効果的です。

あとはガムをかむというのも唾液の分泌が促されるので口臭予防としておすすめです。もちろん口臭予防のある、ミントやキシリトール系のガムがよいでしょう。

あとは市販の口臭予防のサプリもお手軽な方法です。サプリメントは口臭だけでなく、体臭も抑えてくれる効果があるので、匂い全般を気にする方にもおすすめです。

その中でもDHCの「香るブルガリアンローズ・カプセル」はローズの香りがするので女性におすすめです。男性は同じくDHCの「エチケットカプセル」が良いと思います。こちらはパセリのような香りがします。

最近では「スメルハラスメント」という言葉もあるように、匂いが人に不快感を与えることに対していっそう注意を払う必要がでてきました。ぜひ対策をしてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする