ゴミ計量の宿題、早く終わりますように・・・

小学生の子供が日々のゴミがどれくらい捨てられているのか調査をするという宿題に取り組んでいます。

要は、ごみの多さを自覚して、もっと減らす努力をしましょうということみたいです。

我が家は台所、居間、洗面所に捨てるゴミが多いので、それぞれのゴミ箱にビニール袋を被せて、その中に捨てたゴミを体重計で計量する方法を採用しました。

でも、生ごみなんて水分たっぷりだし、計るのも一苦労。

これはゴミ袋に入れず、家庭菜園用に作っている肥やしにするので庭へ持っていくのですが、「計りたい」というので計量はしています。

野菜の切れ端や皮って意外にたくさん出るものですね。

なんだか野菜を上手に食べていない料理下手な母と言われているような気がして、気が引けます。

なるべく捨てるところを無くそうと気を使いました。

ティッシュもバンバン使いますが、重さが気になって使うのも躊躇してしまいます。

なんだか疲れてしまいました。

細かなゴミの内容までは記す必要はないものの、先生に「ゴミ捨て過ぎね」と思われたら子供がかわいそうなのかと心配してみたり。

早く終わらないもんかと願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする