そもそもなぜ過払い金が発生するのか

過払い金請求について、テレビやラジオで弁護士事務所や司法書士事務所の宣伝を聞かない日がないくらいです。過払い金に対する最高裁判所の違法判断が示されてからすでに10年になりますが、まだ過払い金請求はたくさんあるようです。いかに、キャッシングなどを利用していた人がたくさんの余計な利息を支払ってい方を考えれば、背筋が寒くなる思いがします。
チェック→過払い金計算機

2010年の改正貸金業法によって違法な利息はなくなったと考えられますが、それ以前には法的な利息制限には2つの法律が関係したことが過払い金に発生する原因となりました。利息制限法と出資法です。

利息制限法では10万以下では20%まで、100万以下では18%まで、100万以上は15%までと上限利息が決まっていましたが、出資法では29.2%までという高率な上限利息がまかり通っていました。出資法の上限金利を超えないと刑事罰がかせられないという法的な不備があったということです。利息制限法では20%以上の金利は違法であるのもの、出資法によって29.2%以下の金利であると刑事罰がないという奇妙なこととなっていたのです。いわゆる20%から29.2%の間の金利がグレーゾーン金利として長い間放置されてきたのです。グレーゾーン金利は長期間問題にはなっていましたが、それでも貸金業者の間ではグレーゾーン金利のほうが利益が上がるので、それがまかり通ってきたのです。

これから考えてみれば、貸金業者は100万円以上の融資では利息制限法によれば、15%までの金利しかかせられないのに、出資法の解釈によって29.2%の金利を課すことをおこなっていました。15%から比べると2倍に近い金利を取ることができたのです。

しかし、これが2006年の最高裁判所のグレーゾーン金利が違法であり、違法に取られた金利分の金額を取り戻す権利があるという判決から過払い金請求が大量に出てきたのです。もちろん、貸金業者は刑事罰を与えられることはありませんが、グレーゾーン金利分の取りすぎた利息は全て返還しなければならないことになりました。大手の貸金業者はともかくとしても、中小の貸金業者は過払い金請求の多さに耐えられず倒産した貸金業者も少なくありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする