探偵の基本的な業務と復讐代行という闇の手段

実際の探偵の業務や仕事というのは、身近なものではパートナーの浮気調査や行方を探る素行調査などの調査依頼を主としており、実際に問題が発生し事件にでもなった場合は刑事事件として警察の仕事になり、探偵は其処までの仕事に携わるということはないのが現状のようです。

今の探偵の業務に当たる人達は、主に世間一般の民間人がプロ集団としてある私立探偵のことを指すているが、広義でいう探偵というのは司法関係の捜査員や時にはスパイ(軍事機密や国際関係、それに企業ない事項や産業スパイ)などを指すこともあります。

特に、最近活躍している探偵業務は、テレビや物語の世界での華やかなことはなく、極めて地味な仕事でも有り、所謂、秘密事に他人をひそかに調査する行動、又は、それを専門に仕事とする人達の事になります。

一般的な探偵の仕事は初期の刑事のような仕事であり、依頼者からの依頼を受けて「聞込み」や「張込み」、それに「尾行や素行」など、その他に類する方法により、依頼された特定人の所在や行動を依頼に基づいて情報を収集し、その結果を依頼者に知らせる業務が殆どと言えます。

探偵依頼について相談をする、或いは申し込むには、取敢えずはインターネット上に事例などが沢山記載されていますので調べてみるのも良いし、又、直接に電話かメールで問い合わせるのもいいでしょう。

何れにしても、此のような案件で非常に困ってる場合は、探偵社や事務所に依頼するのが良いと思いますが、特に難題とされるのが男女間の問題で、特に女性の場合は男性の浮気等のような場合は而も、それらがこじれた場合は復讐したい気持ちもあるでしょう。

実は、探偵社には復讐という地下に潜ったような法的には禁止されている復讐代行という方法があるのです。 復讐代行といえば、勿論、男女間の浮気や恋愛のトラブル、他にも仕事のトラブル等が主体になりますが、法的に簡単に解決や対応ができない問題を、探偵社が復讐代行を専門にする業者に依頼して、それらを解決していくといった方法もあるのです。

よく言われることに、日本の法律というのは最後の手段である裁判を行っても、被害者側というのは、概ねが泣き寝入りしないといけないのが現状です。 つまり、現在の日本国内では加害者の天国という事例が多くあるのです。

従って、加害者側に精神的な或いは物質的な復讐することも可能な所謂、闇の復讐代行という業者もあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする