一匹の犬の逃走劇に付き合った話

今日私は筋肉痛です(笑)というのも、昨日どこの犬かわからない犬を追いかけるというイベントが発生したからです。公園に散歩に行ったのですが、そこで首輪をつけた柴犬を発見しました。でもリードが付いておらず、飼い主さんも周りにいませんでした。通りすがりの人も、「どこの子だろうねぇ」と言って去っていきました。私は特にやることもなかったので、その犬の飼い主さんがもし見つからなかったらと思ってとりあえずスマホで写真を撮っておきました。本当は捕まえて公園の管理者に渡したかったのですが、近付くとうなって威嚇してくるので不用意に近づけませんでした。

犬はそのまま公園を抜けて道路に飛び出し、2台の車を止めてみたりしてヒヤヒヤしたものの、突然道路を全速力で走り出したのでつい私もそのまま追いかけてしまいました。しばらくうろうろしていると、どうやら犬は自分の家に帰ったようで、たまたま車から降りてきた飼い主さんに「お前どこから逃げ出した?」と言われていました。「こちらの犬ですか?」と確認するとそうで、無事に帰ることができました。やれやれ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする