探偵の業務とは地味な仕事だが、時には派手な復讐代行も

若しものことですが、妻や夫、其れに恋人であるパートナーに裏切られた場合、例えば、スマホ等のラインやメールの中から、何となく浮気のような文言、どうやらコッソリと隠れて私以外の異性と会っているような内容のものを発見したら、又、別の異性と会っているような、男女の関係を匂わせるような内容といった、所謂、怪しげな内容のメール等を見つけた場合は、どう考えたら良いのか、どのような処置をしたら良いのか不安になりますよね。

此のような事態が発生した時に、ノンビリ構えて時間が通り過ぎるのを待てば何とかなるだろう、などと考えながらモンモンと一人で我慢して悩んでいても、現実は何の解決にもなりません。

又、相手である人を個人的に突き止めて、パートナーを問い詰めて白状させるという方法もあるでしょうが、実際は当人同士というのは頑なで中々、解決の兆しは見えないものです。 其のような時には、民間の調査機関である専門業者というのが有って、其れは探偵社や興信所というもので浮気の現場や浮気や不倫相手を調べてもらうという方法もあります。

此のような探偵の仕事や実務というのは、依頼者に頼まれて現状把握や起きている事象などを調べて、その依頼者に詳しい状況を知らせ報告するのが一般的です。 これらの依頼者と探偵の相互の関係においては、調査業務が主体であって、実際に、其れに依って発生した事件や事故のようなものが起こった場合には、事件の処理、仲裁、それに斡旋等は行わないのが普通であり、然るに、もしも暴力等のような刑事事件が発生したときなどは警察の仕事になり、事件には関わらないのが実状のようです。

一般的に或る事象、例えば、世間によくある浮気や素行調査などに対して、探偵事務所に依頼をしようとする時、依頼人はいきなり事務所へ仕事をお願いするというのは稀であり、通常は、目的に沿って今ではネットサイトのオンラインの事例や口込み等から情報を得て、実際にある程度知識を得て、行動に移すのが普通のことになります。

しかし普通の探偵業務意外の、不倫や浮気のような常識を外れたような行動が起こった場合には、探偵社に依頼しながらも時には依頼者によっては不倫相手に復讐工作を希望する場合もあります。 この場合探偵社自らが行う場合もあるが、多くは影の業界とされる復讐代行の業界と言うのも存在するのです。

浮気、不倫問題や家庭内での暴力(D・V)などが原因で別れたいという場合や自分を裏切った不純な交際相手に対してなんとか復讐してやりたい、といった呪いの感情を抱いている場合には、特に探偵の他にも復讐代行や離別屋(別れさせ屋)、といった、裏社会の組織や業態も有るのです。

又、一方では全く逆で、一度別れてしまった相手方との復縁を手伝うという復縁工作屋、縁結び屋などというのもあるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする