相続放棄の手続きと注意点

父親などが多額の借金をかかえて亡くなった場合に、相続人はその借金も相続することになってしまいます。

しかし、相続人が借金を支払いきる財力がない場合に、亡くなった人に借金があることを知ってから3ヶ月以内であれば、相続放棄をするという選択肢もあります。

ただ、相続人が相続を放棄したら、亡くなった人の借金がなくなるわけではなく、誰かがその借金を相続しなければならなくなります。

そこで、相続人が相続を放棄したい場合は親族と相談して、新たな相続人を先に決めておく必要があります。
*参考:http://souzoku.office-genesis.com/

相続人が決まったら相続放棄の手続きに入ります。

まず、亡くなった人の住民票がある地域の家庭裁判所に届出を行ないます。

手続きには、亡くなった人の戸籍謄本と住民票除票、そして、届ける人の戸籍謄本と収入印紙、郵便切手を用意して、家庭裁判所に提出します。

しばらくすると、家庭裁判所から照会書が届け出た人宛に届きます。

これは本人であるかの確認と理由を確認するものですので、正直に答えます。

ただ、届け出た家庭裁判所の方針によって、書面で来る場合とか直接面談する場合とか、この手続き自体省略するとか違ってきます。

そして、相続放棄が確定すると、家庭裁判所から相続放棄申述受理通知書が送られて来ます。

これで相続を放棄することが出来たことになりますが、家庭裁判所などから債権者にその旨の通知は届いていないので、この相続放棄申述受理通知書を持参して、債権者に相続を放棄した旨を伝える必要があります。

相続放棄が出来るのは、借金があることを知ってから3ヶ月以内でないといけないですが、3ヶ月以内ということで、実際の基準が曖昧でもあります。

ですからあまり申請が遅すぎると、本当にその時期に分かったのかと疑われてしまう場合もあるので、亡くなられた場合は、葬式が終わった後間を空けないで、財産や借金の存在を調べる必要があります。

特に、亡くなった人が誰かの保証人になっている可能性がある場合や、亡くなった人との交流が無くなってしまい、生活状況が分からない場合、借金はないけれど、亡くなった人が所持していた不動産などが老朽化していたりして維持費がかかる場合などは、事実関係を調べた後に相続放棄を検討することが必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする