私にとっての夏の風物詩

夏という季節はとても暑くて過ごすのが大変ですが、魅力的な季節でもあります。風物詩と言えるものもたくさんあります。そこで今回は、私にとっての夏の風物詩を3つご紹介したいと思います。

1つ目は花火です。夏になれば各地で花火大会が開催されます。私はこれを毎年楽しみにしています。会場に行ってまで見ることはありませんが、自宅の自室から眺めています。とても綺麗で、癒されます。

2つ目は虫の音です。夏の夜は暑いため、窓は網戸にして寝ています。そうなると、外の音がよく聞こえてきます。我が家の庭は自然が多いため、虫がたくさんいます。そうなると、虫の音が聞こえてきます。これが聞こえてくると、夏なのだと実感します。

3つ目は高校野球です。暑い季節に熱い試合が繰り広げられます。毎年母校を応援しています。母校が敗退してしまうと、自分の住む県の代表校を応援します。学生時代のように多くの試合を観戦することはできませんが、仕事が休みで時間があれば、できる限り観戦するようにしています。

私は夏が大好きです。今回ご紹介したもの以外にも風物詩はたくさんあります。また機会があれば、他のものについてもご紹介したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする