いつもの道のちょっと嬉しかった出来事

うちの近所のコンビニに行った帰りに、当たり前なんだけど嬉しいことがありました。

そのコンビニへの道の途中には、あまり広くはないけれど車の通行の比較的激しい住宅道路があります。

そこを横断しなければコンビニの行き来ができないのですが、とにかく車がひっきりなしに走行しているため中々渡れないことも少なくなかったりするのです。一応横断歩道があるのですが、そこそこスピードを出して車がやってくるので、止まるのはあまり期待できず、車が来ないことを確認するまで待つのが普通です。

その時もやはり車の往来は激しかったのですが、いつもとは違っていたのです。

私がいつものように横断歩道の端で待っていると、まず大通りに出ようとしている車が止まってくれました。それでも大通りから住宅道路に入ってくる車がいるため、なお私は立ち止まり待っていました。

すると大通りから入ってくる車も止まってくれたのです。

これは止まってくれた方々を待たせてはいけないと、私は急いで横断歩道を渡ったのです。

横断歩道では歩行者優先で、横断の意思があると思われる人がいたなら車は止まらなければならないと法律で決められています。しかし実際止まってくれる車は少ないです。

止まるのが当たり前ではあるのだけれど、それでも止めてくれるというひと手間をかけてくれたということに、私は少し嬉しく、ありがたく思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする