B型肝炎の特徴と感染方法

B型肝炎とは

B型肝炎(参考:http://bkan-bengoshi.jp/)は、世界中で非常に多くの人が感染している病気です。その感染者は約4億人、日本では150万人ほどと言われています。では、B型肝炎とはどのような病気なのでしょうか?B型肝炎になると、肝炎の発症、慢性肝炎、肝硬変、そして肝細胞癌になってしまうこともあるのです。しかし、その95%は自然に治りますが、残りの5%は慢性肝疾患にかかってしまいます。

B型肝炎の仕組み

B型肝炎になると、なぜ肝臓疾患になるのでしょうか?その仕組みは、B型肝炎ウィルスが肝臓の細胞に侵入することで、肝臓内で増加してしまいます。そうすると、B型肝炎ウィルスから身を守るために、そのウィルスに免疫細胞が攻撃をします。その結果として、正常な肝細胞もその攻撃を受けてしまい、肝炎が発症してしまうのです。

B型肝炎の種類

B型肝炎には、「持続感染」と「一過性感染」の2種類があります。持続感染は、言葉通り、永続的にB型感染ウィルスが体に住みついてしまいます。特に、赤ちゃんや子どもは、免疫力が低下しやすいために、持続感染してしまう危険性があり、注意が必要となります。一方で、一過性感染は一時的に免疫力が下がった場合に感染してしまいますが、本人も気づかないうちに治療されているというケースが多いです。

B型肝炎の感染を予防するためには?

B型肝炎の一番の感染原因は、「血液」になります。だからこそ、かみそりなどの血液が付く可能性のあるものには、細心の注意を払いましょう。他には、水平感染と呼ばれるといわれる感染方法もあります。水平感染の主な感染経路は性行為です。性行為の際に、避妊器具を着用することで感染するリスクを大幅に下げることが出来るので、必ず着用するようにしましょう。免疫力が下がっていなければ、感染する可能性は非常に少ないですが、持続感染してしまうと、治療が非常に大変なこと、そして他の人に移してしまう可能性もあるので、「血液感染」と「水平感染」に注意するべきです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、「B型肝炎の特徴と感染方法」ということで、その特徴と予防法をご説明いたしました。B型肝炎は、自分のために予防すること、そして近くの人のために予防することが大切です。今回の記事を参考に、少しでも、B型肝炎に対する知識を身に付けていただければ嬉しい限りです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする