引越した後にもドラマが

以前一人暮らしをしていて、仕事の関係で住まいを引き払って、その後も近くを通るたびに見に行って懐かしさに浸っていました。引越しは入居するときは希望に満ち溢れているのですが、出るとき(引っ越すとき)切なさに包まれます。

使っていた家具や生活用品を詰め込むとき、切なくなるんですよね。新たな入居先が決まっていても不安があるので、引越しの数日前からナーバスになって、意味もなく部屋の写真を撮ったりしていました。引越したら忙しさや、慌ただしさで前住んでいたところの記憶はすぐに失われて行くのですが、しばらくたって落ち着いて前の住まいを見に行ったら、工事をしていて、さらに数か月後に行ったら更地になっていました。

住んでいたところがなくなるってあまりなくて、喪失感が大きいんですよね。その後そこはドラッグストアになり、前の名残が跡形もなくなったのですが、町の匂いはあまり変わらず、無くなった前の住まいを時々思い出してしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする