労働ビザの審査基準について

外国人が日本で働く時は労働ビザを取得しなければいけません。労働ビザを取得する時は一定の審査基準があって可決されると発行してもらえるます。これは日本人が外国で働く時も必要な部分で意外と面倒な手続きとも言われています。労働ビザを取得する時は申請しなければいけませんが、準備する必要書類がいくつかあります。そこでどのような必要書類があるのか確認しておきましょう。

■在留資格認定書

外国人が日本で働くために労働ビザを取得する時は在留資格認定書が必要になります。在外日本公館で提示して労働ビザを取得する事になるので申請して準備しなければいけません。

■パスポート

外国人が日本で働く時は正式に入国していなければいけません。そのため労働ビザを取得する時はパスポートを提示して正式に入国している事を証明する必要があります。

■証明写真

外国人が日本で働く時は当然顔が一致していなければいけません。そのため労働ビザを発行してもらう時は証明写真が必要になります。

■学歴や職歴を証明する書類

外国人は今まで何をしていた人なのか不透明な部分があるので日本で働く時に支障が出る可能性もあります。そのため外国人が日本で働くために労働ビザを発行してもらう時は学歴や職歴を証明する書類が必要になります。

■まとめ

外国人が日本で働くために労働ビザを発行してもらう時の必要書類を挙げていきました。忘れてしまうと申請する事が出来ないので注意が必要です。また混雑の影響で申請してから発行までの時間がかかる事もあるので早めに手続きをするようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする