システムエンジニアのイメージと実際

システムエンジニアといえば、コンピューターのプログラミングを行うのが仕事というイメージを持っている人も多いのではないかと思いますが、実際には顧客とのコミュニケーション能力やマネージメント能力なども問われてくる仕事です。

その上で、もちろんプログラミングの基礎知識も必要です。ただ実際のプログラミングはプログラマーが行うわけであり、システムエンジニアというのは情報システム開発をトータルで行っていく専門家です。

プログラミングは一人で閉じこもってもできますが、顧客からヒアリングを行い、顧客の要求を分析して最善の提案を行っていくという点や、チームをまとめていく能力も要求される仕事ということを考えると、イメージも変わってくるのではないでしょうか。ちなみにシステムエンジニアの平均年収は450万円~550万となっており、事務職に比べると100万円以上高くなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする