友人に教えてもらった有益な話

先日学生来の友人と食事をしました。お互いに近状報告をしたりくだらない話などをして盛り上がりました。個室の飲み屋はやはり良いですね。

そんな楽しい飲みの席でしたが、気の置けない友人が相手だったせいで「離婚をしたいけどどうしたらいいかわからない」とつい愚痴のようなものをこぼしてしまいました。空気が重くなると嫌だと思ったので慌てて冗談めかして言い直すと、友人も笑って聴いてくれました。

軽口混じりに離婚したい理由を吐き出すと、友人がやっぱりまずは弁護士に相談したほうがいいだろうと助言をくれます。こちらもだよなーと返しつつも、でも弁護士ってだいたい嫁側に強い印象があるからどうなのだろうとも思ってしまい、なかなか相談することができずにいる旨を伝えました。

すると友人、離婚弁護士 男性向けの弁護士ってのがあってだなというなんとも有益な情報をくれたのです。旦那側に立って考えてくれる弁護士がいるなんていうのは正直初耳でした。きっと旦那専門であればこちらが有利に離婚を進めるためのノウハウが豊富にあるでしょうし、ぜひお願いしたいと思いました。

残念ながら友人は弁護士の詳細などは知らなかったようですが、それは調べればきっと出てくるでしょう。インターネット社会であるいまならばホームページを用意しているでしょうから、ちょっと調べればヒットするはずです。

やはり持つべきものは友達だなと思ったとともに、はれて離婚が成立したらなにか奢ってやろうとも思ったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする