久々に二郎系ラーメンを食す

学生時代、ラーメンばかり食べてました。二郎系のガッツリのラーメンや魚介豚骨のラーメンなど通いに通っていました。あまり行列の出来るラーメン屋に並ぶのが好きではなく、好きなラーメン屋の味の上ぶれ下ぶれが分かるくらい通いつめるタイプでした。
学校の日は学校の近くのラーメン屋、休みの日は地元のラーメン屋、といった感じで本当に週3,4日はラーメンを食べていました。
卒業して就職してからは、あまりラーメンを食べることもなくなりました。だんだん二郎系のラーメンが胃的に受けつけない感じになってきました。
学生時代の友人から連絡があり、当時通っていた二郎系のラーメン屋に一緒に行こうという提案をされました。胃的に大丈夫かなと思いましたが、胃腸薬を持参し、久しぶりに二郎系のラーメンを食べました。
入ったときの独特な香りに懐かしさを感じながら入店し、食券を出しました。着丼し、いざ実食。懐かしさを感じながら、凄いペースで食べることが出来ました。意外とまだまだ食べれるものだなと思いました。
帰ったら少し胃もたれしたので、バッグから胃腸薬を取り出しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする