ソーラーパネルの取り付けと太陽光発電

家を建てたので毎日いろんな業者さんがやってきます。今日は太陽光発電のセールスマンでした。ソーラーパネルを屋根に取り付けて自家発電をし、余った電気は売るというものです。
知り合いでつけた人がいて少し話を聞いたことがありましたが、最近は工事の時にバッテリーも一緒につけるようになったということでした。なんでもオール電化とセットなので、バッテリーがないと非常時に使えないと言うことで、以前はなかったバッテリーもつけるようになったそうです。停電の時にも問題なく使えていいとのことでした。
それはともかく、後付けでソーラーパネルを屋根に載せるのは結構大変ですしお金もかかります。いくら平らなスレート屋根とはいえ、昔と違ってソーラーパネルも大きいものを載せるようになったので、太陽光発電をするなら最初から設計で組み込んでおくといいとその知り合いの人は話していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする