シューティングゲームの作成

1ヶ月ほど前から、オリジナルなシューティングゲームの作成をJavaScriptを使って行っています。最終的に、Android用のネイティブアプリにWebViewを使ってラッピングするか考え中です。
このゲームは、4匹ほどのarc()関数で口のあいたキャラクターを作って、自キャラが玉を打って、そのキャラクターに何回か当てることで倒していく形式のゲームです。
敵キャラの移動には、三角関数(sin,cos)を使って、それぞれ法則的な違う動きにすることができました。敵キャラがじキャラの方向を計算するために逆三角関数(arctan2())を使って、自分がドラッグしている向きを常に向くように計算し、その方向に向かって炎を一定間隔に吐いていく仕組みにしました。
また、当たり判定を計算するために、円の中の正方形部分に玉が発射されるとゲームオーバーにする関数、敵に当てると、HPを1マイナスする処理などを行いました。すべての敵のHPが0になったときに、win()関数を呼び出すようにしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする