友達はLINEが震災の時にあったと勘違いしているようだ

以前、池上彰さんの番組でLINEは東日本大震災がきっかけで開発されたアプリだと紹介されていたのですが本当なのでしょうか?
確かにウィキペディアを見るとその記述がありますし、提供を開始したのが2011年の6月になっています。
じゃあ、池上彰さんの番組で言っていたことは間違いないですよね。
そうなると友達が何か勘違いをしていたことになります。
というのも私の友達は、「東日本大震災の時にLINEがあって助かった」と言っていた人がいるのですよ。
「あの時LINEがあったお陰で既読になっていることを確認することが出来たから友人の安否をすぐに知ることが出来た」と言うのです。
でも開発されたのは震災よりも後のことです。
それなのに震災直後にLINEがあったから助かったみたいなことを前に言っていたのです。
彼は何か勘違いしているのだと思います。
一体彼が震災の時に見ていたのは何のアプリだったのでしょうか。
LINEよりも前に既読かどうか分かるアプリなどがあったかどうかは分かりませんが、私は既読機能を考えた人は凄いなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする