部屋に朝日が入らなくなったので光目覚まし時計を検討中。

マンションの大規模修繕工事が始まりまして、窓の外に足場が組まれたのですが、まさかこんなに陽の光が部屋に入らなくなるとは思っていませんでした。足場の外側に風よけネットがかけられて、これがなかなかの厚みでして部屋を暗くしています。

朝は、まずカーテンを開けて陽の光を浴びて目を覚ますのを日課にしていたので、それが出来なくなると思うと少し凹みます。日光を浴びるのは人間にとって大切なことで、特に朝に太陽の光を浴びることで体内時計が整って、夜ぐっすり眠れる効果があるにだと聞いてからは、日課にしていました。おかげで快眠です。

日中は紫外線が怖いのでほぼ日傘で光をさえぎっていますが、朝の太陽光は重要とインプットされているので、工事が終わるまで部屋に朝日が入らないとなると大問題のような気がしてしまいます。調べてみると朝日を浴びるとセロトニンというホルモン物質が分泌されて、夜になるとセロトニンを材料として気持ちよく眠るためンホルモンであるメラトニンが生成されるというシステムのようです。だから朝イチで太陽を拝むと良いわけですね。なるほど、そういう体のシステムがあったのかと納得しました。

解ればわかるほど工事期間中の睡眠が心配になり、思い出したのがテレビでとりあげられていた光目覚まし時計。当時はあんまり興味もなかったのですが、確かセロトニンがどうのという話をしていた気がします。もしかして、カーテンを開ける効果と同じシステムなのかしらと購入を計画。ネットで調べ始めました。

いろいろな種類が出ているのですね。お値段もいろいろです。朝日の効果を知っているだけに、極力、朝の陽の光に近いパワーのあるものを見つけたいのです。光目覚まし時計がステキなのは自分でカーテンを開けなくて良いことです。普通の目覚ましで起きて、自分でカーテンを開けにベッドから起き出して太陽を浴びていた私にとっては、最高の機能です。目覚まし時計だから決まった時間に太陽がのぼるように光が点灯するわけで、布団の中で光を浴びながら目覚められるなんて!そりゃ良いに決まっています。

あとはお財布と相談しながら機能を吟味。マンションの大規模修繕が無ければ考えもしなかったけれどせっかく出会えた良いものだから、長く使えて効果が高いものを選びたいと思っています!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする