酔っ払って寝ているおじさんがいた

仕事の帰り道、倒れている中年男性を見つけた。その人の傍を通る人は、チラ見して、そのまま見過ごしていた。僕も気になったけど、見なかったことにして通り過ぎた。その後、気になって気になって、「その人死んでたらどうしよおおお」と不安に思い、Uターンしてその男性のところに言った。

「大丈夫ですか?」と声をかけたら、うっすらと目を開けてこちらをうっとおしそうに見て、また寝てしまった。どうやら酔っ払っているようだ。近くに飲み屋もないのに、どうして酔ってるのかな?気にはなったけど、大丈夫そうなのでほっとした。警察を呼ぼうかなとも考えていたので、その心配もなくなった。

といってもそういうときは、警察を呼ばなきゃいけないのかな。まっ、大丈夫でしょう。そのまま家路についた。そういえば、昔、何年前だろう。朝、通勤で地元の駅に着く途中、左側の坂から男性が転げ落ちてきたことがあった。その人に「大丈夫ですか?」と聞くと、もうろうとしていたけどお酒臭かった。そのときもげんなりして駅に向かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする