中途半端な季節、毎年の悩み

毎年、季節の変わり目になると悩むことがあります。それは「何を着たらいいのか分からない」ということです。

昨年の今頃は何を着ていただろう、思い出そうとしてもなかなかうまくいきません。今年は、暖かかったり寒かったり、気温差が激しいのでなおさらです。

ちょっと厚手のものを手にとっては「もうこんな季節じゃないよね」と戻し、薄手のものを取っては「まだこれじゃ寒いか」とまた戻す、そんなことを繰り返しているうちに出かける時間になってしまい、結局適当に重ね着して出かけます。

もしかしたら、毎年今頃はこんな風だったのかもしれません。

「何を着たらいいのか分からない」と悩んでいるうちに中途半端な時期は過ぎ、いつの間にか毎日暑くて半袖一枚で出かけるようになります。

中途半端な季節は、気候的には快適なので長く続いてほしいものなのですが、着るものには困るので早く過ぎてほしい季節でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする