第三者の離婚相談により問題がスムーズに

3人に1人が離婚する時代です。バツイチやバツニも珍しいことではありません。ただ離婚経験者の多くが口を揃えるのは、離婚するまでの過程において、本当に辛い思いをしたり、苦労が多かったりすることです。

円満離婚という言葉もありますが、実際はそう簡単なことではありません。離婚の際に問題になることが多いのは、子供の養育権や慰謝料、離婚 財産分与などです。子供の養育権については、日本の場合母親が得ることが多いのですが絶対ではありませんし、養育費の問題もあります。慰謝料や財産分与などお金にまつわる問題も簡単ではありません。

まず二人で話し合いお互いが納得のいく形で子供のことやお金のことを解決することができれば良いのですが、そもそもこれらのことがスムーズに話し合いで解決できる夫婦関係であるのなら、離婚には至らなかったことでしょう。もし話し合いがこじれてしまった場合は、第三者に間に入ってもらうしかありません。

第三者とは離婚調停人や離婚相談を専門としている弁護士などのことを言います。離婚調停人の仲裁でうまくまとまれば良いのですが、うまくまとまらず裁判にまで発展してしまう場合は、お互いが弁護士を立てることになります。夫婦間での話し合いだけだと感情的になって話がこじれてしまうことが少なくありませんが、弁護士が入ることで冷静さを取り戻し、法的な裏付けのもとに正しい判断ができるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする