カプセルトイに踊らされる、そんな人生

先日、給湯器のボタンが音の出るガチャガチャになっていると聞いて、近くのショッピングモールに行きました。
うちの近くでカプセルトイのベンダー機が大量にあるのはあそこだけというか、他の場所は一か所に10台も無いので、私のようなおじさんが欲しいアイテムは期待できなくて、ついでにおじさんは各地を探し回るのは面倒なんですよね。
その点カプセルトイ専門店は一か所に200台以上がたっぷり並んでいるのでマイナー商品が期待できるんです。今回の私が求めた給湯器のボタンなんて、まさにそれじゃないかと思います。思っていました。
と、ここまで書いていてベンダーってどんな意味だろうと思って調べてみたんですが、所謂ガシャポンが入ってるガチャガチャマシン自体も、販売機を置いてる店も、どっちもベンダーって言って、挙句に中の商品を作ってる会社もベンダー事業部って名乗ってる場合があって、ますます謎が深まる結果で閑話休題。
とにかくモールの専門店に行きまして、探してみるも残念ながら目的のアイテムは見当たらず。
いつもの店員さんに聞いてみると、まさかの答えが返ってきました。
要約すると……意外と人気商品で、次回入荷は有るか無いかすら未定なのだそうです。
地元じゃメジャー商品だったとでもいうのでしょうか。
音が鳴る玩具には、みんな惹かれるんでしょうか。
がっかりしながら帰ると、ネット通販で買うしかないと給湯器のボタンガチャを検索しました。
そうしたら、別メーカーが7月に同様の商品を発売するそうです。
しかも給湯器メーカーのノーリツとコラボして、本物のサウンドが完全再現されているという。
最近のカプセルトイ業界はサウンド連動式が熱いとは勝手に思っていましたが、呼び出しボタンやバスストップボタンの次は、各種メーカーの給湯器ボタンが世の話題を席捲するのでしょうか。
期待して待ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする