パニック障害の原因になること

パニック障害の原因と改善方法について、詳しく解明されてない部分も有りますが、このような事で、パニック障害が起きやすいと考えられる点をまとめます。

食生活の乱れや、低血糖症により、パニック障害が起き安くなると言われています。糖分を過剰に摂取したり、インスタント食品の取り過ぎにより、インシュリンが大量に分泌されて低血糖症を起こして、パニック障害になる、のではないかと言われています。また、遺伝や、ストレスなども、パニック障害の原因とも言われていますが、人の脳の不安神経機構の異常が原因とも言われています。これは、脳の中の無数の神経細胞が情報を伝達する時に何かの誤作動が起きて、これがパニック障害の原因になるのではないかと考えられています。

神経細胞間の情報を伝える神経伝達機能や、それを受け止める為の機能に異常が発生して、パニック症状が起きるのではないか、と研究されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする