ナックルボールの投げ方

現代の魔球、ナックルボールの投げ方。

・縫い目に爪を突き立てる、或は寝かせて押し当てる。

まずは人差し指と中指、薬指を縫い目に突き立てるか寝かせて押し当てる。

親指と小指は縫い目にかけない、回転を抑えるために曲げたりもしない。

突き立てる指が多いほうが基本的には回転数を抑えやすくなるがその分制球が難しくなるので初心者は人差し指、中指のみ突き立てることをお勧めする。

この時点で手の大きさが十分でなければきちんと握ることが出来ない。その場合は適正は殆ど無いだろう。

・手首をスナップさせない、ダーツを投げる要領で投じる。

投げる際は回転を抑えるために手首は返さずに、突き立てた指の力でボールをはじいて投げる。飛ばす、といった表現の方が正しいかも知れない。

また毎回リリースを安定させるために上半身は極力動かさず、キャッチボールの要領で投じたほうが投げやすく失投も減るだろう。

ボールの回転数はホームベースに到達するまでに2、3回転で、直線軌道を描いていればそれはナックルだ。あとは勝手に変化してくれます。

なおランダム変化しないのはただのチェンジアップです。握りだけでは意味がないんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする